ビジネスシーンで役に立つ通信機器って何?

ビジネスに有効な通信機器って?

ビジネスホンって何?

通信機器とは、情報を遠くにいる人に伝える機械のことだそうです。

現在は通信機器は、有線通信機器と無線通信機器に分けられるそうで、有線は電流を通して信号を送り、無線は線がなく、空間を渡る電波によって信号を送ります。
情報機器の歴史をさかのぼりますと、一番初めはモールス符号のような簡単なものであったそうです。
それを、1876年にA.G.ベルが音声を電気信号に変えて、それをまた音声に再生する装置を発明しました。これが、現在普及されている電話の始まりだそうです。

通信機器はその後さまざまな発展を遂げて、現在では音声だけではなく、データや画像も送れるようになってきたそうです。

現在私たちの生活の中で深く関わっている通信機器ですが、固定電話、携帯電話、ファクシミリだけでなく、ポケットベルや、LAN、モデムやルータも通信機器と呼ぶそうです。

さて、それらをビジネスでどのように使うのか?

ビジネスシーンでは、必ず電話を使いますね。会社の中に複数人、働いている場合は、一人ひとり電話があることが望ましいと言えます。
それでは、会社では、家庭にあるような固定電話を何線も引いているのでしょうか?

そこで、登場するのがビジネスホンです。
ビジネスホンとは、主装置と専用電話機の組み合わせのことです。
主装置は外線と内線、また内線同士をつないでくれる小さな交換機のことで、少ない電話回線で多くの内線電話機を所有することが出来ます。

このサイトでは、このビジネスの場に欠かせない現代のビジネスホンについて調べていこうと思います。