ビジネスシーンで役に立つ通信機器って何?

>

ビジネスホンの内線と保留の使い方

内線機能

外線と同じく、良く使うのが内線です。
ビジネスホンの各電話機には、内線番号が割り当てられています。
会社の大きさによって違いますが、二桁から大規模な場合には3桁4桁の場合もあるでしょう。

内線の使い方は、まず受話器をあげ、すると、自動的に内線がつながるようになっていますので、つなぎたい人の内線番号を押します。
この場合、外線の時のように、外線のボタンを押す必要はありません。
ビジネスホンの主装置に経由してつながるようになっていますので、通話料金も発生しません。

外線の時とは違う短い着信音が鳴り、それを相手が受けると内線がつながります。

固定電話ですと、そういった会社内での通話も料金がかかってしまいますが、ビジネスホンの場合は内線通話は無料です。

保留機能

保留機能は、自分にかかってきた電話を「少々お待ちください。」と言って、他の人に回す機能です。
まず外線ボタンを押して、電話に出ます。自分宛でない電話では、保留ボタンを押します。
すると、相手の人は保留の際に流れる音楽などが聞こえるようになります。

その宛先の人が近くにいる場合には、「〇〇さん、△△様から、外線3番にお電話です。」と伝え、その〇〇さんは、外線3番を押して、かかってきた電話に出れるというものです。

もし、その〇〇さんが別の部屋や、違う階にいて、自分の近くにいない場合、保留ボタンを押して、その後、内線ボタンでその人を呼び出します。
その人が内線に出たら、「△△様から外線3番にお電話です。」と伝え、自分は受話器を置きます。
すると、〇〇さんは、外線3番を押すので、△△さんと話すことが出来るというものです。